ビジネスシーンで活躍するデザイン

職場の雰囲気に合ったものを選ぼう

メガネはオシャレアイテムとしても使用されますが、ビジネスシーンではなるべくフォーマルなものを選びます。ただし、本人の職場がカジュアルなファッションで仕事をする場であった場合、フォーマルなメガネだと浮いてしまう可能性もあります。もし違和感を覚えるのであれば、カジュアルなものを選んでも良いでしょう。

フォーマルなメガネというと、主にスーツを着て仕事をする場面になりますので、スーツから浮かないようなフレームを選びます。ハーフリムなどのフレームが目立たないものを選ぶと無難です。カジュアルな職場であっても、フレームの色が派手であったり、メタル素材などを選んでしまうと、取引相手やお客様に悪い印象を与えるケースがあるので、控えると良いでしょう。

機能を重視したものを選ぼう

ビジネスシーンでのメガネはデザインだけでなく、職場に合った機能性も大切です。例えば、デスクワークが多いのならばパソコンを見続けても目が疲れないもの、長時間かけていても耳や鼻が痛くなりづらいもの、ドライアイを予防してくれるものなどです。体を動かすことが多い職場であれば、ズレにくく落ちにくいもの、またもしも落としてしまってもガラスもフレームも割れない耐久性が高いものなどです。また、花粉の季節や状況によっては仕事中ずっとマスクをすることがあるでしょうが、マスクをしていてもメガネのガラス面が曇りにくいものや、花粉が目の周囲から入りづらく保護されているものもあります。ストレスを感じにくいような、必要な機能が付帯したメガネを選ぶと安心です。