顔とメガネのバランスで選ぶ

小顔や面長の人は細身のフレームや縁無しフレームがおすすめ

三角顔や小顔など顔全体の面積が小さい人や、面長の顔のように横幅が狭い人の場合は、細いフレームを選ぶのが良いでしょう。というのも、顔の横幅が狭い人の場合、その分メガネが強調されてしまうのです。そのため、べっ甲やセルフレームのようなメガネは、メガネに顔が負けてしまい、不格好になってしまうリスクが存在するのです。

細身のフレームやハーフリム、縁無しメガネのようなフレーム全体があまり目立たないメガネであれば、顔全体をすっきりと見せることが可能です。ただし、面長の人がハーフリムのメガネをかけてしまうと、縦方向の顔の長さが強調されてしまう可能性もあるため、ウエリントングラスなどの天地幅のあるフレームを選ぶのもひとつの手です。

丸顔、四角顔の人はセルフレームやハーフリムで小顔効果を狙う

丸顔や四角顔のような、顔全体の面積が広い人や、横幅が広く顔がふっくらしている人の場合はセルフレームのようなフレーム部分が目立つメガネや、ナイロールフレームのように縦方向の長さを強調するメガネをかけると良いでしょう。細身のメガネの場合は顔にメガネが負けてしまい、かえってバランスを悪化させるリスクがあります。そのため、むしろメガネを強調させてバランスを取る方が良いと言えます。

セルフレームにも様々な種類がありますが、レンズ部分が大きいメガネを選ぶようにすると、顔全体の大きさとバランスを取りやすくなります。特に近視の人の場合、レンズ部分の屈折率によっては目が小さく見えるようになるため、自分の視力と見た目を上手く両立させるとより小顔効果を狙いやすくなるでしょう。