自分の輪郭に合わせて選ぶ

まずは自分の顔の形を見極めよう

輪郭に合わせて選ぶと、似合うメガネを探しやすくなります。とはいえ、「自分の輪郭がどのタイプか分からない」という人もいるのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、顔の縦横の比率から見極める方法です。まずは、顔の縦幅(眉から顎先までの長さ)と、横幅(両頬骨が張っているラインの長さ)を図ってみましょう。もし、縦幅よりも横幅の方が広く、全体的にふっくらと丸みを帯びている場合は、丸顔タイプになります。反対に、頬がほっそりしている場合は、三角顔タイプになるでしょう。また、横幅よりも縦幅の方が長く、頬がふっくらしている場合は、四角顔タイプに当てはまります。縦幅の方が広くても、頬の肉付きがスッキリしている場合は、面長顔タイプに分類されるでしょう。

輪郭の形によって似合うメガネは異なる

丸顔の場合は、スクエア型など、縦幅の小さなメガネが似合います。ハーフリム型のメガネも、すっきりとした印象を与えることができるでしょう。反対に、ラウンド型など丸いフレームのものは、輪郭の丸さをさらに強調してしまうため、避けた方が無難です。三角顔の人であれば、オーバル型やボストン型のメガネが似合います。柔らかい雰囲気も出せるようになるでしょう。四角顔の人の場合は、オーバル型やラウンド型やボストン型など、丸みを感じさせるメガネがおすすめです。一方、面長顔の人は、天地幅のあるメガネを選ぶと、顔の縦の長さを和らげることができます。ウエリントン型やボストン型などが似合いやすいでしょう。顔のバランスを良く見せる効果もあります。